違法な契約について講演する江崎匡慶弁護士=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 生命保険事業の健全な発展に向けた「生保警察連絡協議会」が4日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開催された。生命保険に関する犯罪予防と暴力団など反社会的勢力の排除について意見交換した。

 生命保険協会佐賀県協会(川出貴康会長)の会員や県警本部、弁護士など約30人が出席。違法な契約など民法の仕組みについて江崎匡慶弁護士が講演したほか、県内の暴力団情勢や全国的な保険金詐欺事件の発生状況などで情報を共有し、連携強化を図った。

 県警本部の松吉昭典刑事部長は「国民の安心・安全を確保するために協力し、反社会的勢力などの犯罪組織に立ち向かう」と語った。同協議会は1981年に設立され、年1回開かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加