社員が集めたベルマークを白濱校長(右)に手渡す田中支社長=武雄市の御船が丘小

 トヨタ部品福岡共販(本社・福岡県筑紫野市)は11日、武雄市の御船が丘小に社員が集めたベルマークと図書カードを贈った。

 2009年の創業40周年を機に社会貢献事業として始めた活動で、福岡、佐賀、長崎、大分県の事務所で集めたベルマークを毎年1回、4県の中の1校に贈っている。佐賀では12年の三日月小(小城市)に続いて2校目で、営業所がある武雄でベルマークを集めている御船が丘小に贈った。

 田中俊彦佐賀支社長ら3人が同校を訪ね、「本社や支社、営業所など14事務所の社員が1万7700点分を集めた」と取り組みを伝え、白濱文明校長に手渡した。白濱校長は「ボールなど子どもたちの手に触れる品を選び、使わせてもらいたい」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加