鳥栖市の主婦らでつくる「鳥栖にわか振興会」(黒田攻(おさむ)代表)の第3回公演が4月25日、鳥栖市民文化会館であり、“鳥栖弁”を生かしたオリジナルの舞台で観客約400人を笑いの世界に引き込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加