佐賀銀行(坂井秀明頭取)は、鹿島市で志田病院を運営する医療法人天心堂(志田知之理事長)が発行する医療機関債を受託した。金額は4億円で、償還期間は5年。調達資金は、今後の地域医療ニーズを踏まえて6月にオープンした新病棟の建設資金に充てる。

 天心堂は、地域包括ケア病床、在宅復帰機能強化型の療養病床を増床し、新病棟を増築した。高齢者が住み慣れた地域で暮らせるよう在宅医療、リハビリ機能の充実を図った。

 医療機関債は、厚生労働省が示す発行ガイドラインを満たす財務内容の医療法人が発行できる。佐賀銀行は地域医療向上の支援、資金調達多様化のニーズに対応することを目的に医療機関債を取り扱っており、今回で3件目。

このエントリーをはてなブックマークに追加