佐賀県有明海漁協(組合員約2千人)は10日、夏の参院選佐賀選挙区(改選1)で、推薦願が出ていた自民党公認の現職山下雄平氏(39)を推薦することを決めた。

 4日の理事会で決定した山下氏の推薦について、この日の運営委員長・支所長会議に諮り、承認した。出席者からは特段、意見は出なかったという。県有明海漁協は国政選挙に関しては従来、政権与党の候補を推薦している。

 徳永重昭組合長は「有明海の再生、漁業振興などで政権には世話になっており、総合的な判断」とし、政府や防衛省が進める自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を評価するわけではないと説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加