ジグザグ走行に挑む児童=鳥栖市民体育館

 小学生が自転車の運転技術や交通安全の知識を競う第53回交通安全子供自転車鳥栖三養基地区大会が8日、鳥栖市の市民体育館であった。優勝した鳥栖小と準優勝の若葉小(鳥栖市)が県大会に出場する。個人の部は鳥栖小6年の宮原識支奏(しえな)さんが優勝した。

 鳥栖市、三養基郡内の六つの小学校から4人一組の6チームが出場した。学科テストの後、狭いコースを時間をかけて通過する「遅乗り」やピンを倒さないように走る「ジグザグ走行」などで技術を競った。

 三根東小5年の井樋栄斗(いびえいと)君は「2週間ほど前から練習してきた。遅乗りはうまくできた」と話した。

 県大会は22日に佐賀市で開かれる。昨年まで鳥栖小が3連覇している。この他の主な成績は次の通り。(敬称略)

 【団体】(3)北茂安小【個人】(2)古賀優来(鳥栖小)(3)内田理那(若葉小)【学科満点賞】佐藤奏太、山岡小風美、古賀優来、宮原識支奏(鳥栖小)内田理那、井上颯(若葉小)

このエントリーをはてなブックマークに追加