竹製のゴム鉄砲を構え、的を狙う子どもたち

 地域の絆を深める「第15回もろどみこどもフェスタ」が8日、佐賀市の諸富町公民館で開かれた。子どもからお年寄りまで大勢の人が訪れ、手作りの昔遊びなどさまざまなイベントを楽しんだ。

 会場には、端材を再利用した木工教室や折り紙遊び、食育をテーマにしたかるたなど約10種類の体験コーナーが設けられ、来場者は思い思いに回って時間を過ごした。昔遊びのコーナーには、竹製のゴム鉄砲や紙で作った吹き矢が用意され、子どもたちが空き缶の的に狙いを定めた。

 きょうだい3人で遊んだ諸富北小4年の中村文嘉さんは「鉄砲がぶれないように注意し、的に何回か当たってうれしかった。子どもがたくさんいて、にぎやかで楽しい」と話した。

 フェスタには、地元の老人クラブやPTAなど各団体が協力した。小中学生のボランティアも受付など運営を支えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加