佐賀県産豚のしょうが焼き定食(1200円)

 2月にリニューアルオープンした吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)東口にあるレストランで、今月から季節限定メニューが始まった。「佐賀県産豚のしょうが焼き定食」(1200円)は、シャキシャキとしたもやしを肉でくるみ、タレにくぐらせ、タレが滴るままぱくりとほおばる。ご飯がすすむ。

 暑くなる夏にスタミナをつけてもらおうとボリュームも満点。もやしは食感を出すため、一度湯がき、すぐに炒める。県産の豚バラもさっと炒めて特製のタレに絡める。皿にも一手間。盛り付ける前に火であぶり、熱々にすることでふわっと甘いタレとショウガの香りが広がる。ご飯は全て古代米の一つである赤米を提供している。赤米はその名の通りに表面が赤く、栄養価も高い。

 店内のメニューボードは「弥生の気分を少しでも味わってほしい」と物見やぐらが描かれている。土器をイメージした有田焼の器に、有明海産のノリやアサリなどをふんだんに使った「古代貝汁御膳」(1500円、1日30食限定)や、夏限定メニューの「古代米そうめんセット」(880円)もおすすめ。※値段は全て税込み。

 

▽神埼郡吉野ヶ里町田手1843

▽8月まで9時~18時(喫茶を除く食事メニュー注文受付は10時半~閉店1時間前)

▽0952(55)9205

このエントリーをはてなブックマークに追加