参加を呼び掛けるNPO森林をつくろうの佐藤和歌子理事長=神埼市脊振町

 日本の山林や林業を元気にしようと、森林の保全活動に取り組む神埼市のNPO「森林(もり)をつくろう」が、建築を学ぶ学生を対象に木造住宅を設計するコンペを開く。対象は30歳以下の学生で、個人またはグループで応募できる。作品の提出は9月10日まで。

 学生たちに、林業や木材、木造建築について正しく理解した設計士になってほしいと開催。10回目以降は全国各地で開いてきたが、今回、15回を記念し佐賀で実施。受賞した作品の中から、施主が希望したものを建築する予定だ。毎年、全国の学生が応募し、新たな発想を盛り込んだ設計が生まれているという。

 応募には登録が必要。詳しくは、NPO森林をつくろうのホームページを参照。問い合わせは同NPO、電話0952(65)4176。 

このエントリーをはてなブックマークに追加