JAさがが開発、販売するフリーズドライのトマトスープ

 JAさがは、佐賀県産トマトを使用したフリーズドライのスープを開発、販売を始めた。農産物を商品化し販売まで行う6次化の一環で、「少しでも農家の収入源につながれば」と期待している。

 今まで農家が規格外として廃棄していたトマトを有効活用する。サイコロ状に細かく切って卵と合わせて、国産キャベツ、タマネギも加え中華風スープに仕上げている。

 商品名は「サガ・ベジスープ トマト入りたまごスープ」。1袋1人前(160ミリリットル用)で、税込み140円。さが風土館季楽直販本店(佐賀市大財)などJAの直売所、インターネット通販でも取り扱う。年間4万袋の販売を目指す。

 JAさがは3年前、アスパラガスの出荷時に切って出る下茎を活用しようと、フリーズドライスープを開発販売しており、今回は第2弾となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加