第3水曜の例会に集まった、絵手紙「根っこの会」の皆さん=神埼市中央公民館にて

 1999(平成11)年秋、旧神埼町社会教育課主催の生涯学習「絵手紙教室」が開催された。翌年2月、同講座終了者有志10人で「根っこの会」を結成した。趣味を通してボランティア活動ができ、それが生涯学習となり生きがいに発展すればと、これまで目標にしてきた。

 「下手でいい、下手がいい。上手でなくとも心がこもっていればいい」と、今も毎月第2水曜午後、同市水車の里遊学館で、絵手紙体験教室を開催している。これまでに、町が配る独居老人への弁当に絵手紙を添えたり、東日本大震災被災地へ励ましの絵手紙を送ったり、福祉施設、各地区の老人会や市内小学校、保育園、市の子ども祭など幅広く絵手紙教室を実施した。

 現在会員は17人。月1回の例会で絵手紙を楽しんでいる。「呼んでいただければ、絵手紙教室を積極的に開きます。これからも末永く続けたいですね」と会員の原寿巳子さんは語る。(地域リポーター・江原邦興=神埼市)

このエントリーをはてなブックマークに追加