海上保安官と一緒にごみ拾いをする園児たち=唐津市の東の浜海水浴場

 6月の「海洋環境保全推進月間」に合わせ、唐津市の認定こども園リョーユー幼稚園の園児たち約60人が6日、同市の東の浜海水浴場で清掃活動を行った。園児たちは唐津海上保安部の職員と一緒に砂浜でごみを拾った。

 園児たちは、海保の職員が読む紙芝居を通して、海をきれいにする大切さを学んだ後、空き缶やペットボトルなどを拾った。「たくさん落ちてる」「いっぱい拾った」などと声を上げ、楽しみながら清掃活動をしていた。

 唐津海保は2012年から毎年、同月間に合わせ、園児たちと海水浴場での清掃活動に取り組んでいる。海保職員は「実際に海岸の清掃をすることで、ごみの量を知ることができる。環境を守ろうという意識が芽生えれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加