佐賀美術協会会友で、多久市北多久町に菁杜(せいと)窯を構える吉松三津子さん(67)が初めての作陶展を開いている。55歳から県立有田窯業大学校で学び、木々が茂る自宅に窯を開き10年目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加