虐待を受けるなどした子どもや若者の緊急避難先となる「子どもシェルター」の佐賀県内の設置を進める県弁護士会の有志が6日、先進事例をテーマにした講演会を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加