嬉野に昔から伝わる釜いり茶の製法を守り、昔ながらのまき火を熱源とした完全な手作業をしている宮崎泰三さん(84)。まき火で400度に熱した釜に摘んできた生葉を入れ、手際よく手ですくい上げて釜でいります。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加