サッカーのトゥーロン国際大会は4日、フランスのサロンドプロバンスで行われ、U―22(22歳以下)で臨んでいる日本は1次リーグA組第2戦でチリに6―1で大勝し、2連勝とした。序盤から攻勢に出て、前半7分に三笘(筑波大)が先制。旗手(順大)が3得点のハットトリックを達成し、岩崎(札幌)も2ゴールを決めて突き放した。

 松岡(鳥栖)は後半19分から途中出場を果たした。

このエントリーをはてなブックマークに追加