佐賀県建設業協会(松尾哲吾会長)は3日、持続的な公共事業予算の確保や低入札価格調査基準の上限引き上げなどを山口祥義知事に要望した。山口知事は「前向きに検討する」と答えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加