県大会出場を目指す早稲田佐賀中サッカー部

 部員22人の早稲田佐賀中サッカー部。3年の近藤流(はる)主将は「全員がまじめにサッカーに取り組んでいる。部の雰囲気もいい」と話す。

 部員の8割以上が中学から競技を始めた。基礎練習を大切にし、足元の技術を高めている。例年より部員数は少ないが、チームワークは良い。顧問の南貴之教諭(32)は「目標達成には、どういう努力が必要かを考えてほしい。サッカーを通して努力する価値を学んでもらえれば」と話す。

 7月の市の中学総体に向け、南教諭は「我慢強い守備を全員で徹底したい」と言い、近藤主将は「県大会出場のためにも優勝したい」と目標を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加