佐賀県有明海漁協佐賀市支所が3日、有明海の漁場で藻場の造成に取り組んだ。魚介類がすみやすく、産卵しやすい「海の森」をつくり出そうと、漁業者たちが約7千本のササを海底に突き刺していった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加