村岡安廣会頭(右)から表彰を受けた山田老舗の山田隆三社長(左)、髪処江じまの江島周一店主=小城市のゆめぷらっと小城

 小城商工会議所(村岡安廣会頭)は3日、商工業や地域の発展に貢献したとして、1895(明治28)年創業の菓子店、山田老舗(山田隆三社長)など会員事業者3社を表彰した。

 他に表彰を受けたのは、理容店の髪処(かみどころ)江じま(江島周一代表)、化粧品・雑貨販売の福屋(故・力武博明代表)。小城市内で開いた議員総会で、賞状と副賞5万円を贈った。

 小城羊羹(ようかん)製造販売の山田老舗は1989年の全国菓子大博覧会で内閣総理大臣賞、翌90年に最高の三笠宮名誉総裁賞をそれぞれ受賞。インターネット販売にも力を入れ、小城羊羹の知名度アップに貢献している。

 江島さんは、2018年の全国理容競技大会のマスタースタイリスト部門(50歳以上)で優勝。今年9月にフランス・パリで開かれる世界選手権に挑戦する。力武さん(故人)は地元の教会をキャンドルでともすイベントを16年間続けるなど、地域に根差したまちづくり活動が評価された。

 表彰は「小城の輝き!良か事業所(ところ)」の名称で、小城商議所の創立70周年を記念して18年度に創設された。

このエントリーをはてなブックマークに追加