4日午前6時50分ごろ、佐賀県東松浦郡玄海町の値賀崎灯台の南約1千メートルの海上で、シーカヤックに乗っていた男性が「海上で人らしきものが浮いている」と118番した。唐津海上保安部が引き上げたところ、既に死亡していた。7日にも司法解剖する予定で、身元や死因の特定を進める。

 唐津海保によると、検視の結果、遺体は40~60代の男性と判明、目立った外傷はなかった。身長約150センチで白の長袖シャツに、黒の長ズボンをはいていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加