高校生の地元企業への就職を進めようと、佐賀県は9日午後1時から、高校生の保護者を対象にした合同説明会を唐津市ふるさと会館アルピノで開く。高校生の進路選択で県内企業も視野に入れて考えてもらうため、保護者の理解を得て促そうと初めて企画した。県内企業32社が出展し、人事担当者らが仕事内容や会社の特徴などを説明する。入場無料。

 佐賀県は若者の他県への流出傾向が強く、中でも高校卒業を機に就職者の約4割が県外に就職する状況が続いている。

 説明会には、IT企業や製造業、小売業などさまざまな業種の企業が集まる。就職支援などに取り組むジョブカフェSAGAの坂本圭介統括マネジャーが「イマドキの若者就活事情」をテーマに、保護者の関わり方などを説く講演会もある。23日午後1時からは佐賀市の佐嘉神社記念館でも開く。

 問い合わせは佐賀新聞社営業局さが就活ナビ事務局、電話0952(28)2195。

このエントリーをはてなブックマークに追加