第66回NHK杯佐賀県高校野球大会最終日は4日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、鹿島が3-1で東明館を下して頂点に立った。鹿島としては57年ぶり、旧鹿島実時代を含めると16年ぶりの優勝。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加