武家社会の主従関係は「御恩(ごおん)と奉公(ほうこう)」で成立していた。一方が尽くすだけの片務的なものではなく、主君と家来は互いに利益を与え合う互恵関係にあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加