激流をゴムボートで下るラフティングの世界大会で、唐津市原の古川陽進さん(41)が所属する日本代表がマスターズクラスで総合優勝した。元五輪選手とチームを組み、4種目のうち三つで1位を奪取。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加