佐賀県多久市北多久町小侍で、石炭のくずを集めた「ボタ山」跡が2年前の火災以降、くすぶり続けている問題で、市は7月下旬にも現地の地質調査を始める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加