鳥栖市が更新したオリジナル婚姻届。今回はスタジアムや市の花「ハナショウブ」などが描かれている

 鳥栖市は7月から、1年ぶりにオリジナル婚姻届(A3判)のデザインを更新する。「令和元年度版」で、今回は婚姻届の周縁に駅前不動産スタジアムや朝日山、市指定重要文化財「268号機関車」、市の花「ハナショウブ」などを描いている。

 婚姻届提出時の記念写真をSNSで発信してもらうなどして市のイメージアップにつなげ、若者の定住・移住の促進を図ろうと取り組んでいる。昨年7月から今年4月末に、市民課窓口に提出された269件のうち、オリジナルを利用したのは100件、利用率は37・2%だった。

 職員が婚姻届を手にしたカップルの記念写真を撮影するサービスもある。併せて、市の子育て情報などを掲載した「鳥栖市で始める暮らし」も配る。問い合わせは市民課、電話0942(85)3580。

このエントリーをはてなブックマークに追加