ロザリオ後援会の陣内謙一会長(中央)から各施設の代表者に助成品の目録が送られた=佐賀市大和町

 社会福祉法人「聖母の騎士会」を援助する「ロザリオ後援会」が1日、同法人が運営する県内と大分県のグループホームなど4施設に助成品を送った。

 ロザリオ後援会は1992年に設立され、会費をもとに各施設に助成している。今回は更衣ロッカーや炊飯器、ソファセットなど計約90万円分が贈られた。

 佐賀市大和町の後援会事務局で贈呈式があり、後援会の陣内謙一会長が各施設の代表者に目録を手渡した。陣内会長は「年々経営が厳しくなっていると聞いている。少しでも役に立てれば幸い」と話した。

 各施設を代表して障害者福祉サービス事業所「ナザレトの家」(大分県日出町)の安藤善文施設長が「ロッカーが新しくなることで、朝から気持ちよく仕事に励むことができる」と感謝を述べた。 

このエントリーをはてなブックマークに追加