「第25回いのちの講演会」が1日、佐賀市のメートプラザ佐賀で開かれた。元小学校教師の香葉村真由美さんが、教え子たちとのさまざまな体験を元に、人が愛されて生きる大切さを説いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加