ほりばたの「ほりばたちゃんぽん」

 唐津市の観光名所、虹ノ松原のすぐそばに店を構える「ほりばた」は昼どきになると、サラリーマンや常連客などで連日、にぎわいを見せる。多くの人のお目当ては看板メニューの「ほりばたちゃんぽん」(700円)。メニュー表を見ずに頼む人も珍しくない。

 具材には豚肉やきくらげに加え、キャベツやニンジン、モヤシにタマネギなど、野菜がたっぷり。濃厚な豚骨ベースのスープは、創業当時から変わらない伝統の味で、麺や具材とともに一口すすればやみつきになる。店長の吉田智子さん(62)は「この味がいつまでも続くようにしていきたい」と話す。

 ほりばたは吉田さんの母親の代から約50年続く伝統の店。長年、唐津の人たちに愛され、昨年7月には同市栄町に2号店をオープンさせるなど、根強い人気がある。

 当初はほりばたちゃんぽんがメインだったが、お客さんの声などを取り入れていくうちに、カレーちゃんぽん(800円)やスタミナ満点モツちゃんぽん(1350円)など、現在はちゃんぽんだけで15種類のメニューがある。定食やどんぶりなども充実しており、夜はこれらに加え、酒のおつまみとなるメニューも提供している。

 ▽唐津市松南町1―78

 ▽11~15時、17~21時

 ▽日曜定休

 ▽0955(77)1828

このエントリーをはてなブックマークに追加