ボート男子シングルスカル決勝 佐賀県新人戦に続き優勝した早稲田佐賀の齋藤慶一郎=唐津市の松浦川

【男子】シングルスカル (1)齊藤慶一郎(早稲田佐賀)4分14秒0(2)相良透羽(唐津東)4分14秒8(3)落合新太朗(早稲田佐賀)4分30秒0▽ダブルスカル (1)對間拓哉・相良透羽(唐津東)4分22秒6(2)草場薫平・増本奎祥(同)4分34秒1(3)馬場響己・梅野壮真(同)5分18秒1

 【女子】シングルスカル (1)隈本侑里(唐津東)4分38秒9(2)北村莉子(同)4分45秒8(3)桐原初菜(早稲田佐賀)4分49秒8▽ダブルスカル (1)北村莉子・隈本侑里(唐津東)4分29秒8(2)灰塚美里・横井遥(同)4分44秒7(3)阿藤わかな・桐原初菜(早稲田佐賀)4分46秒3

 

狙い通りの展開

 

 〇…ボート男子シングルスカル決勝は、県新人大会に続き、早稲田佐賀の齊藤慶一郎が4分14秒で制した。北東の風の影響を受けないよう、船体を風向きと平行になるように斜めに調整してスタートダッシュに成功。序盤からトップに立ち、2位の猛追を0秒8差でかわした。「狙い通り優勝できてよかった。いいレースができた」と笑顔を見せた。

 最終日の2日は舵手付きクォドルプルがあり、その得点を加えて総合順位が決まる。齊藤は「まだ試合は終わっていない」と、総合優勝に向けて気を引き締めた。

 

一番きつかった

 

 ボート女子シングルスカルで優勝した唐津東の隈本侑里 プレッシャーが重く、今までのシングルのレースで一番きつかった。ボートをこぐ回転数を維持できるようにして九州大会でも優勝を狙う。

このエントリーをはてなブックマークに追加