陸上女子100メートル決勝 12秒08の好タイムで優勝した佐賀北の永石小雪(左)=鹿島市陸上競技場

【男子】100メートル (1)野中聖弥(佐賀工)10秒94(2)山下昌峻(武雄)10秒96(3)大舘健人(佐賀北)11秒02▽400メートル障害 (1)山下修聖(敬徳)55秒83(2)井手飛斗(小城)57秒31(3)小林健クリストファー(佐賀工)57秒47▽400メートルリレー (1)佐賀工(中村、野中、田中、末次)41秒52(2)早稲田佐賀(熊手、入江、千鳥、富山)41秒73(3)敬徳(加茂、倉光、大串、山下)42秒16▽棒高跳び (1)川久保賢斗(龍谷)4メートル00(2)鷲崎貴将(神埼清明)3メートル80(3)岡本尚弥(同)3メートル60▽八種競技 (1)田中雄大(佐賀工)4834点(2)川端夏輝(敬徳)4508点(3)川内蒼馬(伊万里)4266点

 【女子】100メートル (1)永石小雪(佐賀北)12秒08(2)原口舞衣(同)12秒25(3)森田彩楠(同)12秒50▽400メートル障害 (1)有吉乃彩(佐賀北)1分2秒73(2)福田愛紗(佐賀清和)1分3秒88(3)辻玲奈(同)1分5秒49▽400メートルリレー (1)佐賀北(原口、永石、森田、松本)47秒61(2)佐賀清和(梶原、前山、永田、辻)48秒61(3)佐賀商(錦織、吉村、黒髪、小山)49秒36▽円盤投げ (1)谷眞智子(伊万里)34メートル98(2)草場環緒(武雄)32メートル00(3)黒川愛恵(伊万里実)31メートル86

 

長身生かし一気

 

 ○…陸上女子100メートル決勝は、佐賀北の1年、永石小雪が大会記録まで0秒03差に迫る12秒08の好記録をマークして頂点に立った。

 予選、準決勝ともにトップの成績で通過。決勝も171センチの長身を生かしたダイナミックな走りでスピードに乗り、一気にゴールを駆け抜けた。目標の11秒台には届かなかったが、自己記録を0秒11更新して笑顔がはじけた。

 その後に行われた400メートルリレー決勝でも、2走としてきっちり役割を果たし、チームの優勝に貢献。全国切符が懸かる北九州陸上に向け、伸び盛りの新星は「表彰台に上ってインターハイに出場したい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加