剣道男子団体決勝リーグ・敬徳-龍谷 先鋒戦で果敢に攻め込む敬徳の山口穂高=佐賀市の諸富文化体育館ハートフル

 【男子】団体1回戦 唐津西3-1早稲田佐賀、佐賀商4-1有田工、佐賀学園4-0伊万里、佐賀農5-0佐賀清和、高志館3-1多久、弘学館3-2致遠館、小城2-2武雄(本数勝ち)、佐賀西3-2鹿島・鹿島新、三養基2-2白石・白石新(本数勝ち)、佐賀工3-0鳥栖工、伊万里農林・伊万里実3-2北陵▽同2回戦 龍谷3-0唐津西、唐津工3-2佐賀商、佐賀学園3-2佐賀農、唐津東5-0高志館、敬徳4-0弘学館、佐賀西3-1小城、三養基4-0佐賀工、佐賀北3-0伊万里農林・伊万里実▽同準々決勝 龍谷4-1唐津工、佐賀学園2-1唐津東、敬徳4-0佐賀西、三養基3-1佐賀北

 ▽同決勝リーグ (1)敬徳3勝(2)三養基1勝1分け1敗(3)龍谷1勝1分け1敗(4)佐賀学園3敗=2、3位は総本数による

(敬徳は5年ぶり3度目の優勝)

 【女子】個人 (1)古川寛華(三養基)(2)中村日南(同)(3)橋本真奈(龍谷)北原理子(三養基)

 

 

頂上決戦、龍谷に雪辱

 

 ○…ライバルとの頂上決戦で完勝し、5年ぶりの栄冠を手にした剣道男子団体の敬徳。それぞれが攻める気持ちを貫き、試合後には喜びのあまり涙をこらえきれない選手もいた。

 2勝で迎えた決勝リーグの龍谷戦。春季大会で敗北した相手との対戦だったが、選手たちは闘志を前面に出して挑んだ。

 先鋒の山口穂高が「気持ちを出せた」という力強いメンで一本勝ちし、チームを勢いに乗せた。次鋒の北翔太朗は延長で「何度も練習してきた」引きドウを繰り出し、流れを中堅の田中颯につなげた。田中は「自分で優勝を決めてやろうと思って挑んだ」と、序盤から果敢に攻め立て勝利。副将・江口慶、大将・小川夢希也も快勝し優勝に花を添えた。

 決勝リーグを通じチームは尻上がりに調子を上げるなど、勝負強さも身につけている。吉村剛監督は「このチームは日本一を狙える」と全国に挑む選手たちに期待を寄せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加