唐津市は3日開会の6月定例市議会から、議場での発言を自動で文字起こしし、モニターに映し出すシステムを導入する。聴覚障害者が傍聴できるようにするための設備で、県内の自治体議会での導入は初めて。 「UDトーク」という音声認識文字変換アプリを採用し、議場のマイクを使った発言を文字化する。