マレーシアの子どもたちから返事の手紙をもらいうれしそうな児童=佐賀市の開成小

 佐賀市の開成小で5月21日、マレーシアの子どもと手紙交流する授業が開かれました。手紙は4月に同校6年の児童84人が書いたものへの返事。取り組みをする佐賀八戸溝郵便局の石原(いしはら)資展(よしのり)局長(48)が現(げん)地(ち)を訪(おとず)れ、小学生から高校生までの子どもたちに手紙を渡(わた)して返事を書いてもらいました。

 石原さんは、英語で書かれた手紙に日本語の訳(やく)文(ぶん)を添(そ)えて児童たちに渡しました。

 児童たちは手紙を受け取ると、わくわくした表(ひょう)情(じょう)で開(かい)封(ふう)。手紙には趣(しゅ)味(み)や好きな歌手、マレーシアと日本の文化などが書かれていました。中には共通のゲームの話で盛(も)り上(あ)がった児童もいました。手がきの絵や現地の紙(し)幣(へい)などがプレゼントとして入っている手紙もありました。

 児童たちは「日本から遠いマレーシアと手紙でつながることができすごい」「返事を送りたい」と興(こう)奮(ふん)した様子でした。(5月23日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加