ドリームクルーザー2とディズニーのキャラクター (c)Disney

 佐賀県佐賀市は5月31日、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ40回記念大会(10月31日~11月4日)のイベントとして、東京ディズニーリゾート(千葉県)のパレードを市内の中央大通りで実施すると発表した。ミッキーマウスなどのキャラクターが11月2日に練り歩く。佐賀県内では初の試み。

 佐賀バルーンミュージアム前から佐賀銀行本店前までの約850メートルで実施する。地元高校の吹奏楽部が同日午後1時からパレードを始め、1時半ごろからキャラクターが乗り込んだパレード専用車両「ドリームクルーザー」やキッズダンサーが行進する。総勢200人規模になるという。

 リゾートを運営するオリエンタルランドなどによると、地方都市を回るパレードは1984年に始め、近年は祭りやイベントに参加している。同社が昨年8月、市に参加を打診し、この年のバルーンフェスタとライトファンタジーを視察した上で契約を交わした。市は安全対策などで事業費800万円を本年度の当初予算に計上した。

 オリエンタルランドの広報担当者は「ディズニーの魅力を幅広く伝えるのが目的。(ミッキー以外の)誰が来るかは当日まで楽しみにして」と話す。秀島敏行市長は「節目となる大会に誘致できた。天候に恵まれ、にぎわってほしい」と期待を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加