唐津商業時代の北方悠誠投手=2011年8月

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの栃木に所属する北方悠誠(きたがた・ゆうじょう)投手(25)=唐津商高出身=が30日、栃木県小山市で記者会見し、米大リーグのドジャースとマイナー契約を結んだと発表した。元プロ野球DeNAの北方は「諦めずにやっていたら、見てくれている人はいる。メジャー昇格を目指して頑張る」と意気込んだ。

 ドジャースはナ・リーグ西地区を6連覇中の名門球団で、北方は目標の投手として同じ1994年生まれの速球派ビューラーを挙げ「ワールドシリーズに去年、おととしと出ている強いチーム。その一角に入れるよう頑張りたい」と話した。ドジャースの関係者によると、速球は100マイル(約161キロ)を計測した。

 北方は唐津商高の主戦として活躍し、3年時に夏の甲子園に出場して153キロをマークした。1回戦の古川工高(宮城)戦で13奪三振、敗れはしたが2回戦の作新学院高(栃木)戦でも10三振を奪う快投を見せた。2012年にドラフト1位でDeNAに入団。14年に戦力外となり、15年はソフトバンクに育成選手として在籍した。その後は日本の独立リーグでプレーしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加