レンタカー会社6社が並び、広い待合スペースがある「レンタカーターミナル」内

「レンタカーターミナル」のオープン記念イベントで、出席者に見送られながら出発する車両=佐賀市川副町の佐賀空港

 佐賀空港(佐賀市川副町)の旅客ターミナル横に、レンタカーの貸し出しをする「レンタカーターミナル」が完成した。空港やレンタカー利用者の利便性向上につなげる。記念イベントが30日に開かれ、オープンを祝った。

 ビルは鉄骨造りの平屋建てで、延床面積は591平方メートル。これまで貨物ターミナルビルとして利用していた建物を改修した。旅客ターミナル内にあったレンタカー会社の窓口を移した。カウンター数が6から14に増えたほか、待合スペースに座席22席を設け、航空機の運航情報を表示するモニターも設置した。ターミナル前に38台を収容できる駐車場を整備した。

 佐賀ターミナルビルの牟田香社長が「空港の利用客が増え、旅客ターミナルビルが手狭だった。移転により、空港利用客の利便性とレンタカーの事業者のサービス向上につながる」とあいさつした。テープカットの後、出発車両の見送りがあった。

 九州佐賀国際空港を利用し、台湾から家族ら4人で訪れたエイミー・ウーさんは「空港から徒歩1分くらいで近い。レンタカーを4日間借りて広島に向かう」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加