佐賀県退職校長会の定期総会が28日、佐賀市のグランデはがくれで開かれた。県内13支部から158人参加し、今後の活動方針を確認したほか、吉野ケ里遺跡に関する記念講演も行われた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加