カラオケ発表会で「海鳴りの駅」を披露する古賀郁美さん=佐賀市のエスプラッツホール

 カラオケ教室の受講生が日々の練習の成果を発表する「カラオケ教室発表会」が26日、佐賀市のエスプラッツホールであった。華やかな衣装でステージに立ち、美しい歌声を響かせた。

 佐賀新聞文化センターの4教室で学ぶ84人の受講生が出場し、年々上達している歌声で演歌や歌謡ポップスなどを披露した。

 約10年前から発表会に出場し、「溝上ミュージックスクール」に月3回通う佐賀市の古賀郁美さん(72)は「母の影響で小さいころから歌が好きで、自分の時間ができて教室に通うようになった」と話し、「私のそばにはいつも歌があった」と笑みを浮かべた。

 カラオケ教室に関する問い合わせは同文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加