本年度の生徒会活動の方針を報告する生徒たち=神埼市千代田支所

 神埼市内にある神埼、脊振、千代田の3中学校の生徒会が意見交換する「中学生サミット会議」が28日、同市千代田支所で開かれた。生徒ら44人が参加し、全校で取り組む活動や各校の生徒会活動の方針を話し合った。

 3校で取り組んでいる無音・無言清掃や2分間前着席の活動は「まだ徹底できていないところがある」とそれぞれが報告した。礼儀作法や文武両道などが記された「かせち条約」や「神埼市四か条の誓い」を柱にした各校の年間活動方針も発表した。

 質疑応答では、「独居老人に送る年賀状の費用はどこから出すのか」「給食の残菜をゼロにするためにどんなことをしているか」など活発に意見交換した。

 参加した千代田中3年の井口侑夏さんは「自分たちの活動の参考になった。学校全体で取り組むような生徒会活動にしていきたい」と意欲を燃やしていた。

 同会議は、合併を契機に学校同士の交流を深め、切磋琢磨(せっさたくま)しながらより良い生徒会活動にしていこうと2007年から始まった。次回は神埼市長を交え、市の在り方について考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加