酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、対向車と衝突して2人にけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた被告(64)の初公判が29日、佐賀地裁であり、被告は起訴内容を認めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加