昨年7月の西日本豪雨で佐賀県内では、初めて大雨特別警報が発令され、2人が亡くなった。9市町が約23万人に避難指示を出したが、実際に避難した人は1・4%に当たる3137人にとどまった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加