佐賀西ライオンズクラブの寺崎晃嘉会長(中央)から寄付金を受け取る、佐賀いのちの電話の伊東勝之事務局長=佐賀市

 佐賀西ライオンズクラブ(寺崎晃嘉会長、29人)は28日、設立25周年を記念した社会貢献活動の一環として、自殺予防の電話相談活動をしている「佐賀いのちの電話」に寄付金10万円を贈呈した。

 同クラブは毎年、チャリティー映画祭の収益金の一部をいのちの電話に寄付しており、11回目。今回は25周年記念で例年の倍額を贈った。寺崎会長(58)は「奉仕活動を通じて、少しでも地域に貢献したいという思い。一人でも多くの命を救ってほしい」と語った。

 佐賀いのちの電話の伊東勝之事務局長(74)は「企業、団体からの寄付金が少なくなる中、大変ありがたい」と感謝を述べ、現在129人在籍している相談員の研修費などに充てるとした。

 佐賀いのちの電話では、相談を毎日24時間受け付けている。電話0952(34)4343。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加