大麦や小麦、タマネギなどの畑がさまざまな色合いを見せる白石高校周辺=白石町大字今泉(高度約150メートルからドローンで空撮)

色彩豊かな佐賀平野を一望

過去の白石高校。現在とグラウンドの広さや体育館、校舎の形などが違っている(提供写真)

 白石町大字今泉にある白石高校は、1917(大正6)年に六角実科女学校として歩み始めた。1948(昭和23)年に白石高校に名称を変更し、昨年には大町町の杵島商業高校と再編統合し、新たなスタートを切った。部活動が盛んで、剣道部や陸上部は県内のみならず全国でも活躍している。
 この地域は豊かな農業地帯に囲まれている。収穫の時期を迎え、黄金色に染まった大麦をはじめ、薄緑色の穂が揺れる小麦や、濃い緑色の芽を出したタマネギなど、佐賀平野に広がる色彩豊かな田畑が一望できる。

 

 

 

◆徳廣正毅校長
 本校は創立102年目を迎える伝統校です。勉学と部活動の両立を図りながら、大学進学などを志す次代を担う人材の育成に努めております。
 そのような中、平成30年度に杵島商業高校と再編し、新設白石高校が開校しました。地域に根ざし、地域に愛され、地域になくてはならない学校を目指して、今後もまい進していきます。

 

 

◆生徒会長 紀伊美里さん

 白石高校は生徒一人一人が、校訓である「清明」「自律」「創造」のもとに文武両道を目指し、日々精進している学校です。また、創立100年を超える長い歴史と伝統を持つ学校でもあります。「夢を形に」をスローガンに掲げ、「夢を形にプロジェクト」という進路研究や課題研究の取り組みを行っています。
 将来、地域や日本を支える人材になることを目標に努力しています。


---------------

 佐賀県内の高校を周辺景色とともに空撮し、連載します。通い慣れた校舎、通学路の町並みをいつもと違った角度からご覧ください。

▶電子新聞に複数写真

 

動画

このエントリーをはてなブックマークに追加