夏の参院選に向け、自民党佐賀県連と公明党県本部は28日、選挙協力協定を結んだ。共通基本政策に農林水産業の発展、地域経済の再生、医療や介護、子育て、防災減災対策の充実など7項目を掲げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加