27日午後11時15分ごろ、佐賀県三養基郡基山町長野の九州自動車道上り線で、走行中の大型トレーラーから連結が外れたトレーラー部に、後続の大型トラックが衝突し、トラックの男性運転手がけがをした。横転したトレーラー部が道をふさぎ、28日午前7時まで鳥栖ジャンクション-筑紫野インターチェンジ間の上り線が通行止めとなった。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線。トレーラーの男性運転手(52)が事故に気付き、110番した。トレーラー部には化粧品などの原料となる粉約4トンが積まれており、事故で約2トンが流出した。トレーラーの連結が外れた経緯など原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加