展示室で作品の展示位置を指示する竹之内幽水さん=佐賀県立美術館

 書家中林梧竹と副島蒼海(種臣)を顕彰する「梧竹・蒼海顕彰第27回佐賀県書道展」(佐賀新聞社主催)が、28日から佐賀市の県立美術館で開かれる。大賞に輝いた三藤遊海(さんとうゆうかい)さん(熊本市)の調和体「散らばれ」や一般公募で県知事賞に選ばれた森山南斗(なんとう)さん(佐賀市)の漢字「劉秉忠詩」など543点を、前後期に分けて並べる。入場無料、6月8日まで。

 大賞や準大賞、一般公募の特別賞受賞作など102点は会期を通じて飾る。佳作以上の作品、審査会員と委嘱作家の作品は前期(28日~6月2日)、後期(6月4日~8日)に分ける。

 27日は前期に展示する323点を搬入し、展示副部長を務める竹之内幽水さん(73)が展示場所を指導した。竹之内さんは「作品の傾向を分散させ、バラエティーに富んだ展観になるよう留意した」として「良い賞を取った作品は特に目立つよう並べた。ぜひその出来栄えを堪能してほしい」と話した。

 29日~6月1日、5~7日は午前11時から、ギャラリートークがある。福地秀鵬さんら専門家が日替わりで作品を解説する。問い合わせは佐賀新聞プランニング内の県書道展事務局、電話0952(28)2151。

このエントリーをはてなブックマークに追加