血流や骨密度を測定し、結果について説明を受ける受診者=佐賀市のローソンミズ木原店

 特定健診などがコンビニ店で受けられる「コンビニ健診」が26日、佐賀市木原のローソンミズ木原店で開かれた。近所で気軽に受けられるとあって、朝から大勢の人が訪れた。

 県民の健康増進を目的に県とミズは協力協定を結んでいる。受診率向上を目指して、5年前からコンビニ健診を年に2、3回実施し、昨年までに約1400人が受診した。これを受け、店のある北川副小校区の受診率は実施前の26・8%から35・8%(2017年)へ上昇したという。

 この日は、40~74歳を対象にした特定健診やがん検診などに約120人の申し込みがあり、受診者が次々に訪れた。近くに住むという79歳の女性は「例年来ている。早く済むし、対応も親切でいいですよ」と話していた。健診に合わせて、血流や骨密度などを測定する健康フェアや店からスムージーのプレゼントなどもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加