「プロレスがやってくる」と銘打ち、試合観戦、レスラーとの交流イベントを開く多久市商工会青年部の皆さん

 プロレスを見て元気になろう-。多久市商工会青年部(真﨑久司部長)は6月3、4日、いじめ撲滅を訴え、全国各地で興行を展開するプロレス団体の試合観戦、交流イベントを市内で開く。青少年育成事業の一環で、子ども向けのプロレス教室も予定している。

 戦う姿で見ている人を勇気づけ、いじめをなくすメッセージを発信している「ZERO1(ゼロワン)」会長の大谷晋二郎さんら、所属レスラー10人以上が参加する。試合は3日午後6時半から、小中一貫の東原庠舎(とうげんしょうしゃ)中央校体育館であり、翌4日は午後7時から、市まちづくり交流センター・あいぱれっとで握手会などの交流を楽しめる。

 3日の観戦料は前売り2千円、当日3千円(中学生以下、70歳以上は無料)。インターネットのイープラスのほか、ファミリーマート、セブン―イレブン、ローソンのコンビニ各店でチケットを購入できる。4日の交流会は、前売り2500円、当日3千円で、小中学生はいずれも500円。3日の試合会場で前売り券を販売する。

 問い合わせはドリームオンステージ、電話044(201)9750。

このエントリーをはてなブックマークに追加